痴呆症とは昔の呼称?

痴呆症は、今では認知症と呼び換えられることが一般的になりましたが、マイナスな響きは確かに薄らいだ感はあります。
それでも、高齢化社会を迎え、患者数は増加の一途をたどるといわれ、楽観視はできない状況です。

 

痴呆症の症状で、もっとも現れやすいのは、ひどい物忘れです。
たんなるド忘れレベルなら笑って済ませられますが、それが度を越している場合は要注意です。
悪化していくにつれて、記憶力の障害以外の症状も目立つようになっていきます。

痴呆症はもともと、ぼけの医学的用語

痴呆症はもともと、ぼけの医学的用語として使われていたものです。
それが、差別的だという声の高まりを受けて、厚生労働省が2004年に「認知症」への言い換えを提唱した経緯があります。
認知症とは、ぼけに加え、判断力の低下や徘徊などの問題行動など包括的な症状も含めているので、症状をより的確に表すことも可能になっています。

痴呆症は原因

一般的に、痴呆症は原因不明で、突然なるものというイメージが強いようですが近年、症状悪化には、長年の生活習慣が影響することが明らかになっています。
ということは、飲酒、喫煙、食べ過ぎや運動不足による肥満、高脂肪・高塩分の食事、極度の多忙などの悪習慣を改善すれば、頭の衰えを予防でき、全身の老化を遅らせることができるメリットもあります。

早期発見・早期治療で、症状の悪化を予防する

そうはいっても、日常生活に支障が出ないレベルも含めて、物忘れがひどくなるのは、年齢的なものもあって仕方のないことです。
痴呆症というほどでないとしても、年齢相応とはいいがたいほど記憶力が低下している場合は、軽度認知障害を疑い、物忘れ外来など専門医を受診するのがオススメです。
早期発見・早期治療で、症状の悪化を予防することができます。